More from my site

選手紹介⑰苦労人アンダースロー!山中浩史選手について!

選手紹介⑰苦労人アンダースロー!山中浩史選手について!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんこんにちは!ラージ高山です!

本日は東京ヤクルトスワローズの山中浩史選手について解説していきます。

山中選手と言えば、2014年シーズン途中にトレードでソフトバンクホークスから新垣渚選手(現ソフトバンクホークスジュニアチーム監督)と共にスワローズに来てから、主に先発投手として活躍しています。

数少ないアンダースロー投手の山中選手、先日のベイスターズ戦では中継ぎで登板もしましたが、今後裏ローテとして先発で投げる可能性もあります。

そんな山中選手について今日は紹介していきます。

目次

  1. 東京ヤクルトスワローズの山中浩史選手の成績
  2. プレースタイル
  3. 人柄
  4. 名シーン
  5. まとめ

1.東京ヤクルトスワローズの山中浩史選手の成績

さて、ソフトバンクホークス時代である2013年とスワローズに来た2014年は、大した成績は残せていませんが、2015年は先発ローテの一角を担い優勝に大きく貢献しました。特に夏場の苦しい時期に、山中選手の覚醒と館山選手の復活があったおかげで、ヤクルト投手陣は大きく崩れることなくシーズンを戦い抜き、無事優勝することができました。

27歳でプロ入りし、しかも活躍し始めたのが30歳を迎えた2015年であることから、いかに苦労人というか遅咲かということがわかりますね。個人的には遅咲の選手は応援したくなる質なので、ここから2桁勝利目指して頑張ってほしいです。

2.プレースタイル

アンダースローから120キロ台後半のストレートと、スローカーブやシンカー、スライダーなどの多彩な変化球を駆使して、打者を打ち取ります。牧田選手(パドレス)ほどではありませんが、山中選手のストレートも打者たちからは浮き上がって見えるそうです。

まあアンダースロー人口自体が少ないですからねえ。球質の軽さゆえにホームランを打たれてしまうこともしばしばありますが、スワローズ先発陣の中ではコントロールが良く安定している方のピッチャーだと思います。意外とスタミナもあり、しばしば完投することで中継ぎ陣を休ませることにも貢献しています。

3.人柄

バラエティなどへの出演は少ないため、正直なところ実際の人柄は分かりませんが、おそらく非常に努力家というか必死な人だと思います。

それは投球時だけでなくバッティングにも表れており、バッティングが苦手ながらも必死に粘ろうとする姿には感銘を受けます。

また先発として投げ終えてベンチに下がった後も、声出しをしたり仲間の活躍に喜んでいる姿を見ると、非常にチーム想いな選手なのかなと思います。まあスワローズの選手ってみんな、自分の出番が終わった後もベンチからちゃんと試合を見守る人が多いんですけどね。

4.名シーン

名シーンは?と聞かれると難しい選手です。というのも、ピッチングスタイルは言ってしまえば地味ですし、比較的いつもクオリティースタート(6回3失点以内)を切れている選手なので1試合1試合の印象が薄くなりがちです。なんとなく阪神戦で勝ちまくっていた気がしますが。

だから非常に記憶が曖昧で申し訳ないのですが、2016年の8月のとある試合を上げさせていただきます。

この頃のスワローズは、山田、川端、畠山、雄平と2015年の主力バッターが全員怪我で消えるという、大変苦しい時期でした。それでも臨時キャプテンのバレンティンと、元オリックスコンビの大引・坂口選手らを中心に、西浦選手や西田選手ら若手が追随しなんとかベイスターズと阪神タイガースと3位争いを繰り広げていました。

そんな時期に山中選手が先発したある試合で、、1死満塁で山中選手に打席が回ってきました。山中選手と言えば、ピッチャーの中でも絶望的にバッティングが苦手で、通算打率.068でプロ6年間で5安打しか打っていません。

そんな山中選手にチャンスで打席が回ってきてしまいました。しかも1点ビハインドだったと思います。テレビで見ていて正直点が入る気はしませんでした。しかし山中選手は必死に食らいついて、外のボールをファールで粘ったりしてました。そして何球目は忘れましたが、山中選手がかろうじて当てた打球は12塁間を抜けていくタイムリーに!

そんな山中選手の必死さが生み出した結果に、私は感動しました。

5.まとめ

トレード要員から立派な戦力へと成長した山中選手。この間リリーフで登板したのに、今後先発で登板することがあれば、ほんとに第2の牧田選手になってしまいそうですね(笑)

今年こそ2桁勝利をして、是非とも牧田越えを目指してほしいです。

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。