More from my site

選手紹介㉒燕の火消し人!近藤一樹選手について!

選手紹介㉒燕の火消し人!近藤一樹選手について!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!ラージ高山です!

いやー、スワローズ2連勝ですね~!雄平選手が帰ってきて打線に厚みも増しましたし、ブキャナン・石川両投手も良く投げてくれましたね!

それはそうと昨日の近藤選手、かっこよかったですね!石川選手が同点のピンチを招きましたが、見事火消ししてチームを勝利へ導いてくれました!ヒーローインタビューに選ばれたのは、ホームランを含む2安打を打った坂口選手でしたが、近鉄コンビとして近藤選手も一緒に選ばれても良かったのではないかなと思いました。

ということで、今日は東京ヤクルトスワローズの近藤一樹選手について解説していきます。

目次

  1. 近藤一樹選手の成績
  2. プレースタイル
  3. 人柄
  4. 名シーン
  5. まとめ

1.近藤一樹選手の成績

ざっと近鉄バッファローズ時代からの成績を載せてみましたが、3球団も名前が出てくるとなんだか歴史を感じますね(笑)

私が野球を見始めた頃、近藤選手はオリックスのローテーションピッチャーの1人で、そこそこ優秀という印象を抱いていました。事実、2008年は先発として2桁勝利をしていますからね。今思えばあの頃のオリックスは、金子、近藤、小松、山本と4人も2桁勝利ピッチャーがいる投手王国でした。

ただ近藤選手も坂口選手同様、大きなけがをしてからは思うような活躍ができておりませんでした。

そして2016年シーズン途中に八木選手とのトレードで、スワローズに加入してからはリリーフとして活躍しております。昨年に至っては、自己最多の54試合に登板していますからね。まさにヤクルト再生工場って感じですね!

近藤選手は防御率を見るとあまり抑えることができていないように見えますが、実は彼は火消し(前のピッチャーが作ったピンチを抑えること)が得意で、防御率の割にWHIP(1イニングに出すランナー数の平均値で投手の成績を図る指標の一つ)が良いのです。

イニングの頭から投げると何故か打たれ、イニング途中から、特にピンチの場面だとなぜか抑える、そんな近藤選手はまさに燕の火消し人です!

2.プレースタイル

ダイナミックな投球フォームから、最速150キロのストレートとカーブやスライダーで打者を三振に切って獲っていきます。投げっぷりが見ていて気持ちよく、とにかく思いっきり投げるのが近藤選手です。なぜか近藤選手が投げると、ストレートが急速以上に早く見えるんですよね。

気持ちよく三振を獲って、気持ちよくホームランを打たれる、それが近藤選手です(笑)なぜか彼の投げる姿からは、一切の悲壮感が感じられないんですよね。石山選手とかは悲壮感漂う投球が多々あるのですが、近藤選手は抑えようが打たれようが気持ちよく全力で投げている印象です。

近年のヤクルトにはいないタイプだったので、個人的にはすごい好きです。

3.人柄

明るい元気がいいのが近藤選手です。上述したように、常に楽しそうに野球をやっています。そしてただ明るいだけでなく、強いメンタルを持っていると思います。だからこそピンチの場面で登板しても、打たれることを恐れずに思いっきり投げ込み、結果として火消しの成功につながっているんだと思います。

4.名シーン

火消しの数だけ名シーンがある、だとすれば近藤選手は名シーンメーカーですね。

これまで私は、近藤選手の数々の火消しシーンを見てきましたが、最も印象に残っているのは2017年5月11日の広島東洋カープ戦です。この試合の先発投手は、石川選手でした。

そして2点リードで迎えた6回、1死12塁のピンチを迎えたところで先発の石川投手が降板、近藤選手がバトンを引き継ぎます。

バッターはエルドレッド選手。前の打席でホームランを打っており、カープ打線の中でも最も怖いバッターの1人であることに間違いはありませんでしたが、近藤選手は臆せず戦いました。

初球からインハイへとストレートを投げ込み、エルドレッド選手ににらまれるもお構いなし。4球連続でインコースに思いっきりストレートを投げ込み、最後はアウトローへのスライダーで三振を奪いました。

続くバッター新井選手もセンターフライに打ち取り、近藤選手はこのピンチを0に抑えてチームを勝利へと導きました。

テレビでこのシーンを見ていたのですが、本当にしびれました。だって波に乗っているカープ打線の中心であるエルドレッド選手と新井選手を相手に、臆することなく思いっきり勝負ができるのは彼だけですからね。ちなみに近藤選手は、昨年カープ戦8試合に登板し、なんとカープ戦防御率0.00です!

私はもしプロ野球選手になれたら火消しのリリーフになりたいという願望があるくらい、火消し人への憧れがあるので、近藤選手が輝いて見えました。

そういえば、昨日の試合も先発石川からの火消し近藤という流れでしたね(笑)

5.まとめ

坂口選手と共にNPB最後の猛牛戦士として、燕の火消し人としてスワローズで活躍する近藤選手。チームがピンチを迎える限り、彼の登板は続きます。野手の仕事人坂口、投手の仕事人近藤として、これからもチームを勝利へ導いて欲しいですね。

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。