More from my site

選手紹介㉓戦力外の星!鵜久森淳志選手について!

選手紹介㉓戦力外の星!鵜久森淳志選手について!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お久しぶりです。ラージ高山です。

食あたりによりしばらくブログお休みしておりました。

さてさて、体調を崩しつつもスワローズの試合はチェックしておりましたが、今年のスワローズは、西浦・奥村・荒木・鵜久森と準レギュラー組が良く打ってますね。まあ西浦選手に関しては、レギュラー奪還も時間の問題だと思いますけど。

ただですね、若い西浦選手や奥村選手、近年徐々に成長しつつある荒木選手と異なり、鵜久森選手だけ日ハムの元戦力外選手なんですよね。つまり一度どん底に落ちてから這い上がった、まさに戦力外の星と言える選手なんです。

ということで今日は、鵜久森淳志選手についてその過去のことも含め、解説していきたいと思います。

目次

  1. 鵜久森淳志選手の成績
  2. プレースタイル
  3. 人柄
  4. 名シーン
  5. まとめ

1.鵜久森淳志選手の成績

いやー、見てわかる通り2015年オフに北海道日本ハムファイターズから戦力外通告を受け、スワローズに拾われた2016年がなんとキャリアハイなんですよね。おもしろいですね、さすがヤクルト再生工場。2016年終盤はクリーンナップも打ってましたし、普通にチームの主力でした。

2017年もシーズン序盤は右の切り札鵜久森、左の切り札大松として代打の切り札コンビをやっていましたが、徐々に調子を落としてしまいました。

 

それでも今年は今のところ打率3割台をキープしており、1点が欲しい場面で犠牲フライを打ったりなど最低限の仕事もこなしています。

2.プレースタイル

かつて済美高校を甲子園優勝へと導き、一躍時の人となったころは高校通算47本塁打を誇るスラッガーでした。しかし日ハムに入団してからは、ホームランがあまり出ず、というかヒットも出ず、特別守備が上手いわけでも足が速いわけでもなく解雇されてしまいました。

しかしヤクルトに来てからは、ホームランや二塁打が増え、かつてのようなスラッガータイプん選手になりつつあるように思います。

余談ですが、私はスワローズに来る以前の鵜久森選手のことはあまりよく知りませんでしたが、プロスピやパワプロをやっていると、いつもファームで4番を打っていた気がします(笑)

3.人柄

かなり負けず嫌いで、気が強いと思います。日ハム時代には、負けた試合の後にベンチで中田翔選手とけんかになり、コーチが仲裁に入って年下の中田を謝らせて解決するという出来事もあったくらいです。

まあそれだけ負けず嫌いだったからこそ、戦力外になってもあきらめず戦い、新天地で結果を残せたのかもしれませんね。

4.名シーン

代打の神様なだけあって、成績の割には名シーンが多い名シーンメーカーです(上田選手や三輪選手と同系統、あと大松選手)。

その中でも私が最も印象に残っているのは、2016年8月27日の阪神タイガース戦です。この時期のヤクルトは山田、川端、畠山、雄平と主力選手が皆怪我で離脱し、「戸田withバレンティン」と言われながらも、若い選手たちが中心となってなんとかCS争いをしていました。

そんな中で5番ライトスタメンで起用された鵜久森選手は、なんと岩崎選手から満塁ホームランを打ちました!しかもそのあともタイムリーを放って、5打点の大暴れ!

テレビで観戦していて、すごい興奮しましたね。なんとなく「最近の鵜久森調子いいなあ」くらいに思っていましたが、調子いいどころの話じゃなかったですね。まさかプロスピで万年2軍の4番だった彼が、現実で甲子園で満塁ホームラン打つなんて思ってもいませんでしたから。

これを機に私は、鵜久森選手のファンになりました。

5.まとめ

戦力外から這い上がり、今やチームの貴重な代打要因として活躍する鵜久森選手。

ぶっちゃけ外野手は、上にバレンティン・青木・雄平・坂口、下に山崎・田代・上田と有望な選手が多いだけにレギュラー獲得は大変かもしれませんが、それでも1年間1軍に帯同し続けて代打打率3割以上キープとかしてほしいですね。

もちろん、ここから鵜久森選手がさらに這い上がってホームラン2桁打って、レギュラー奪取したら物語的には最高ですけどね。

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。