More from my site

4月15日 VS横浜 2-1でヤクルトが接戦を制す!

4月15日 VS横浜 2-1でヤクルトが接戦を制す!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 講評
  2. The Best Play of Swallows

1.講評

はいどーも、ラージ高山です。ついに今日は会社でヒーローインタビューまで見てしまいました。いくら残業しながら野球見て良いとは言っても、流石に家のテレビでゆっくり観たいなと思いましたがw

さあ、やりましたね、横浜3タテの3連勝!今日は両投手とも良かったので締まった投手戦で結構緊迫してましたが、先発の高梨はもちろん6回以降の中継ぎ陣が毎度毎度よく抑えてますよね。近藤->清水->マクガフ->石山のリリーフ陣は、今セリーグナンバーワンの安定感を誇っていると言っても過言ではないですね。そう言えば優勝した2015年も秋吉->ロマン->オンドルセク->バーネットという鉄壁リリーフのおかげで優勝しましたよね。阪神のJFKしかり巨人のスコット鉄太郎しかり、強いチームはリリーフが強力なのでスワローズも誰一人かけることなくペナントを完走できれば優勝も狙い得るかもしれないですね!

あとは打線も今の上位打線は変えずに外野を太田から青木にして、内野もファーストにオスナが入れば強力打線が完成しそうですね。今年は期待したいなあ(毎年期待はしてるけど)。

2.The Best Play of Swallows

今日はプレーというか、中村選手のヒーローインタビューですね。もちろんあの先制ホームランがベストプレーには変わりないんですけど、「バッテリーが〜といつも言われているので、今年は見返したい」という強い気持ちのこもったインタビューに熱い物を感じましたね。

中村選手はなんjやヤフコメに留まらず、中継でも宮本や藤川といった解説者らにリードを批判され相当悔しさもあったことでしょう。特に素人のコメントはともかく、OBの苦言ってニュース記事とかで嫌でも目に入ってきますからね。

なんやかんや12球団で見てもトップクラスに近いキャッチャーだと思うので、今日の言葉通り投打に活躍し続けて見返しまくって欲しいですね。

さあ、いよいよ阪神戦だ!石川選手を200勝に近づけるためにも、そして首位に立つためにも、村上くんの宣言通り阪神を3タテしましょう!Go!Go!Swallows!