More from my site

5月4日 VS阪神 5-11でヤクルトの大敗

5月4日 VS阪神 5-11でヤクルトの大敗

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 講評
  2. The Best Play of Swallows

1.講評

どーも!ラージです!GW入ってから毎日スマホではなくテレビで試合見れてるんですけど、そういう時に限ってひどい負け方が続きますね(泣)

そして今日も途中までいい感じに接戦してたのに、ああああああああああああ!!!!!って感じでしたね。

振り返っていきましょう!まず先発の田口投手ですが、6回4失点とあまりいいとは言えないけど、ここ最近のヤクルト先発陣の中では比較的いい投球を見せました。本当は点取ってもらった次の回に追いつかれるのはよろしくないんですけど、まあ4失点のうち2失点は西浦とオスナのエラーによるものなので、実質6回2失点ということで田口自体はそんなにあんまり悪くないのかなと思います。てかここ3試合で8エラーって、野手が守備で足を引っ張りすぎですね。ただ点もそれなりに取っているので、2014年や2019年の状態に近いのかなと思います。

あとリリーフ陣。近藤が開幕から16試合連続で無失点を続けていましたが、ついに今日マルテにホームランを打たれて1点失ってしまいました、、、。まあ2011年の無双状態のドラゴンズ浅尾ですら防御率0.41であって0.00ではありませんからね(てか浅尾きゅん化け物すぎw)。ピッチャーってのはいつか打たれるもんで、たまたま今日がそれだっただけのことです。坂本選手の2失点もまあ、本来敗戦処理ということを考えればそこまで悲観するものでもありませんね。ただ杉山君は最後かわいそうな感じになってしまいましたね。完全にホームラン競争状態、、、。

よかった点は西浦のホームランと青木のツーベースですかね!西浦はやっと1本出たって感じですし、青木選手はここのところ外野にボールが全く飛んでいなかったので、あのレフト線へのツーベースは嬉しかったですね。2人が明日以降も調子が上向いてくるといいなあと思います(そして西浦は守備も向上させてくれ)。

2.The Best Play of Swallows

今日は9回表の中村選手の内野安打をあげたいと思います!なんか前にも似たような理由で中村選手を選んでるんですけど、5-11と6点差のついた最終回(しかも前のバッター山﨑が三振で既に1アウト)で、適当に打席を終わらせるのではなく懸命に走って内野安打をもぎ取ったのは素晴らしいですね。本当に今年の中村からは熱いものを感じますし、それを受けて後続の村上もフォアボールを選んで繋いでたのはよかったですね。

明日はGW最後の試合です。今年まだ阪神戦0勝。明日初勝利してくれること祈りましょう!
Go!Go!Swallows!